FC2ブログ

設定集

2008年10月09日 00:50

着いた~☆★☆

peru_settei.jpg


設定集は、ボツ案とか製作秘話とか色々覗けるのがすっごい楽しい。

以下、コルダに関係ないペル4語り。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

ロードショー

2007年09月01日 00:17

デスノ特別編。
リュークサイドの編集だったよね。

3時間……?? 長っ。

ちょっと今日はマズイだろ~
とか思いながら、半分見ちゃう。

いや、本気でヤバイ。録画しとこ。

しかしマモさん月はハマってます。
特に、焦燥過激系の声。

「賭け」

2007年01月26日 01:19

毎週のことながら、デスノとのだめを同時に見ると、感覚がおかしくなってきます。
おっついていかないの。

デスノ、Lちゃんが山ごと出てて楽しかったんですが、
月の落下シーンにはやや閉口;
綺麗だとは思うんですけどね・・・・
ポテチを齧る時の月のような、ビミョーな違和感が。
心象風景ってーのは良いんですよ。
体勢とセリフがあってないよ(汗

やたらと注目を集めてるミサの拘束シーンですが、原作読んだ時は、私は別になんとも思わなかったんですね(マテ
ストーリーと容疑からすれば当然だろうと思ってました、フツーに(汗
脳内でうっかり、ミサをLにすり替えたらとんでもないことになりましたが。

ミサが気を失った後に、レムの手で前髪がふわりと持ち上がるシーン。
風もないのに動いた髪に、Lが反応してました。
演出細かいなあ。

ミサって、目の取引を二回するけど、最終的な寿命は何歳になってるんだろうね。
ジェラスの寿命をもらったんなら、相当長生きになってたりして。
寿命が150歳だったら、実際は37歳か。
それでも短いよなあ。

レムに一言。
「みんなお前に愛されたいがためだ」
んなこと言ったら、ますます月の思うツボだろーよ;

「毛」
「お菓子の食べカス」
「毛」

小動物みたいなLの仕草がポイントです。
上目遣いにすると瞳がまんまるになって可愛い~。
勝平さんの声は、シリアスん時は合ってると思う。
短いフレーズの砕けたシーンだと、ちょっと引っ掛かるかも。
慣れましたけど^^;

「友達」

2007年01月18日 06:53

えーと。

月の作画・・・・
どーなってんでしょうか。

いや、崩れてるとかじゃなくて・・・
なんちゅーか、線が違うってーか、なんか、月っぽくないってーか。

特に正面顔がね、納得いきませんのですわよ。
誰これ、みたいな。

毎週毎週、デスノを見るのが東京の放映日より二日遅れになるのがひじょーに不満なんですが、こればっかりはしょーもないですな。

ミサのセリフが追加されてます。
レムに対する愛着、信頼っぽい感じを意識してるのかな。

「そんなことしたらレムが死んじゃうじゃない」

これ。

マンガだと、レムが月を殺すって言っても普通にスルーしてたし、
レムが死んでも全然構わない~ぐらいの勢いだったけど。
アニメのミサは、レムが消えちゃった後に、なんらかのリアクションをしてくれるのかも。

冒頭のハグハグシーンは・・・・
ごめん、あんな風にリフレインされると、どうにも笑えてしまう。

ポテチのかじり方といい、月の動作って逐一芝居がかって大袈裟なんだもの。いや、その方が面白くってらしいから良いですけど^^;

ググルがgentleになってた検索画面に、仄か愛しさを感じました。


Lちゃんの今日のおやつ。

アイスキャンデーにドーナツ。
ドーナツは7個入?
チョココーティングが二つ入ってて、チョコのとこだけぺろぺろなめる仕草がかわゆーてなりませぬ^^;

そして、
「友達」
宣言。




なんだかなー。


切ねえよLちゃん。



互いに演技してるシーンではあるけどさ、
ほんのちょっぴりでも、
そんな願望が入ってたんじゃないかなあなんて、考えてしまう。

寂しそうなんだもん。



「恋心」

2006年12月27日 12:06

L、死神に驚いてぶっ倒れるの巻。

いや派手にやってます。
月もさ、そんなクールな構え方をしてたらかえって怪しまれるんじゃ。
Lがあれだけパフォーマンスしてるんだから。

Lはともかく、最近月の作画傾向、変わってませんかこれ。

レム。
ノートを二冊持っている理由をミサに説明するのに、
「数少ない、死神を殺す方法を知っている死神だから、とでも言っておこうか」

なんてはぐらかしてるんだけど、
結局最後まで教えてますよ、彼女。

レムの喋り方はあまり好きじゃないけど、
「でも駄目なんだよ」
これは気に入った。

そしてようやく、ケンイチ氏のジェラスボイスが聞けました♪


ミサはい~感じに嫌なキャラになってます。
聞いてて疲れる^^;
映画とは全然違った感じだけど、きっとこっちの方が本来のミサらしいんだろうな。


追記。

2006年12月06日 17:39

ゲーム版デスノのハードは、DSだったのか。
知らなかった。

仕様を見てみると、結構面白いかも。
キャラゲーとはちょっと違うんだろうな。

ええと。
プレーヤーは、キラサイドもLサイドも、どちらもこなせるようです。
でもって、ゲーム内での期間は、原作で、ライトが監禁から解放されてヨツバキラを追うまでの辺りに照準を合わせてるらしい。
そこで、捜査を進めるために、キラ思考システムを搭載したゲームが開発される。プレーヤーは捜査本部で、ある時はLを殺すためにキラになり、ある時はキラを捕まえるためにLになり、ゲームを進めるって感じ。
個人だけでプレイするシングルモード用に、原作準拠の11個ほどのシナリオが用意されてる他、ワイヤレス対応の対戦モードってのがあるらしい。 これは、Lになるかキラになるかを決めておいて、相手を欺いて勝ち残るゲーム。推理戦だから、デスノらしいっちゃあらしいと思う。

登場キャラクターは、15人くらいになるのかな?
月やLやミサは当然として、パパに松田にワタリ、ナオミさんや粧裕も入ってるんだとか。

#10「疑惑」

2006年12月06日 17:23

原作から大好きだったテニスシーンの巻。
ううむ、スピード感がイマイチかな。
臨場感はあるからよしとしよう。
Lも可愛いし。
走る度にぴこぴこ揺れる前髪がキュートなの。

キラっぽいキラっぽいキラっぽいと連呼する月に爆笑。
いつの間にか増えてるギャラリーと審判達が笑える。
リュークのさり気ない実況もハマってます。

腹を探り合いながら、同じゴールに一直線に突き進む2人の緊迫感が見物だと思う。こういうシーンにテニスを持ってくるって、面白いよね。
個人的には、もうちっと時間を割いて欲しかったな~この場面。
特に最後の、月の球が決まるあたりとかさ。

そして、月とLのハモリ声はやはりどうにも違和感が。。。
初対決の時にも思ったんだけど、何が悪いんだろうなあ。

・・・・あ。
Lの作画が崩れた。

何このバランス。
なんでこんなに頭でっかちなんだ。
せっかく桜の下なのに。

夜神パパが倒れたといって病院に向かう月とL。
ぽっかりと月の浮かぶこの夜空は、死神シルエットのイメージにしてるのかな?二回目の夜空コマもBANKしてるらしい。いや、ちょっとずらしてるか。

臭い芝居を打つ月に、夜神パパとLは思い思いの感想を抱きます。
病室でLに食ってかかる月は出てこないんだ。
うん、こっちの方が良いかな。柔らかくて。
パパの台詞も気にいった。
脚本のセリフ選びって大事だよね。。
言い方ひとつで、全然雰囲気変わるんだもの。

来週はミサ登場~。
ハイペースだな、やっぱり。
出目川氏の顔もめでたく拝めたので、満足ですわ。


松山氏は、ジェラス役で出るそうな。
結局調べてしまった//

Lが主人公だってさ^^

2006年12月02日 23:33

デスノ映画外伝が出るそうです。

しかもLたん主役・・・・・(><)

うわ~ うわ~ うわ~ぁ・・・
キタよ、ホントに。
フザケ半分に駄弁ってたことが、現実になっちまったい。

原作とは違った全くのオリジナルなんだとか。

中身はまだ全くの白紙状態で、Lが主人公ってことと、公開が平成20年だってことしか決まってないらしい。
後編見た時、もうL役は松山さん以外やれないだろうなあと思ったけど、また会えるなんてかなり嬉しいかも。。。。

すんごいよね、デスノ嵐。
まさか、ここまでフィーバーするとは思わなかった。

原作無視(そこまで言ってない)
ってことは、小説編のロス事件のよ~な展開じゃないんだよね。
私の周囲のLfan達に相当痛烈な批評をくらってたから、敬遠したい。だってそれだけで、前評判が悪くなりそうだもの。勿体無い。

http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFS120061201022/

ああそうだ。
松山氏は。デスノアニメ版にも出演するんだってね。
12月26日放映の第12話らしい。
キャラはチェックしてないけど、聞けばすぐわかるだろ~か?
試してみるのも面白いかも。

#9「接触」

2006年11月30日 20:24

回を追うごとにLの出番が増えて嬉しい胡桃です。

ポテチ作戦が成功して、月は晴れて厳重監視体制から逃れます。
でもここって、監視カメラを外すまでの過程にワンクッション置いてる?
原作では、いきなりぽーんと外してた気がするんだけど。
でも、確かにこっちの方が自然かな。
二人のモノローグも追加されてて、わかりやすかった。
漫画だと、どうしても説明を削らざるを得ないから―
ただでさえ解説が多い漫画だったけど、あれでもかなりコンパクトにしてたんだと思う。

そして、月とLの初顔合わせ。
試験中の愛コンタクトには、しっかとコマ数を割いてましたv
東応大学の入学式で、月とLの新入生挨拶冒頭がまったく同じなのは、そういう形式だから?
それとも、Lが意図的にそうしてんの?
Lがつまんでた紙は白紙だったから、中身は全部記憶してるか、アドリブで喋ってるかどっちかなんだろうけど、あそこで月の言った挨拶をそっくりそのままコピーして話してくれてたら面白い^^

注目ポイントは、Lの足指。
5回もアップになったよ。
細かいのも入れると、8回かな?・・・いや、自信ないな。
Lは手指よりも足指の方が器用なんじゃなかろーか。
足指でサインペンとか握っても綺麗に文字が書けそうだ。

月のアップは、やっぱり原作の迫力にはかないません。
狂人的で排他的な美醜混在の月くんは、拝めませんでしたわ。

#8「視線」

2006年11月22日 23:25

パパの抹茶アイス三段が今回のヒットでした。
Lと一緒に捜査してたら甘いもんにも耐性ができるんだろうか。



ちなみに月のポテチっぷりには違和感がありまくり。
かーなり激しいアクションで開けてたよ、あれ。
マンガや映画だとシリアスな場面で通せるのに、あの構成だと笑えてしまうのは何故だろう・・・・;