FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出ました~

2010年02月25日 01:18

RAST結果。




小麦アレルギーですた。

あと、米にもちょっぴり。
こっちは小麦よか、クラス低いけど。


そっか~、小麦だったか。
道理で、原因がわかりにくかった訳だ。
見回すと、小麦成分なんて色んなものに入ってるものねえ。


パンとかパスタとかピザとかうどんとかタコヤキとか、明らかに小麦系炭水化物のほか、
そばのつなぎとか天ぷらとか、カレールーにホワイトソース、
あ、ビールもダメじゃん。
ウイスキーも。下手すりゃ醤油も。

あれこれ調べてたら思い当たることがいっぱいあって、なるほどと思った。

例えば、製パン・製菓子業従事者のアレルギー症状とか。
毎日パン焼いてた時はとにかく手荒れが酷くて、使ってる洗剤のせいかと思っていたんだが、原因は小麦に触ってばかりいたからなんだろうね、きっと。

あと、20年くらい前にひどかった鼻炎蓄膿症。
病院通ってもまるで改善せず、野菜スープだけ飲みまくる食事療法で治したんだけど、あれって結果的に食事内容から小麦が除去されたから良くなったってこと?


病院からは「エピペン」を処方されることになったとですよ。

エピペン・・・アドレナリンの自己注射器のことです。
万一再び発症してしまったら、意識を無くす前に、こいつを打ってやる訳です。
太腿の辺りに、ばちこんと。
服の上からでも打てたりする優れものなのだ。

日本じゃ確か、2003年くらいに蜂刺ショック向けに使用が許可されて、数年前辺りから食物アナフィラキシーにも認可が下りてたような気がする。

しかしアドレナリン。。。
攻撃物質か;
空手道場でしょっちゅう耳にしてたWordに、再びここで耳馴染むことになろうとは。

血管を収縮させて、心拍数上げて、気管を広げて…っていうアドレナリンの作用が、ショックの急激症状に対抗してくれるんだろうね。


便利っちゃ便利。
でも使わずに済むのが一番なんだから、ともかく食生活に気をつけよう、うん。

幸い、小麦の中でもグルテンに強烈反応をするタイプらしいので、醤油とかカレールー程度なら少量はいけそうだ。
あと、珈琲は堂々と飲める…!!
それが無性に嬉しい^^;




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kurumi15.blog35.fc2.com/tb.php/803-a2650435
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。